ウラノスの憂鬱 - 2011年03月

ウラノスの憂鬱

Home > 2011年03月

 

De:struction


■新曲作りました。
 
 

東北地方太平洋沖地震

そのとき、僕は陶芸部の部室で体験陶芸をしていた。
少し、揺れたので外に出ると大きな揺れがきて地面が蒟蒻のようにうねっていた。
幾度かの大きな余震で、あまり眠れない。
今までに経験したことのない揺れと、テレビで繰り返される信じられない映像で心が破裂しそうだ。

地震の連鎖、余震やそれらに伴う津波や火事も予断を許さない。
東北を中心にまだ助けを求めている人が大勢いる。
首都圏はインフラが十分な機能を発揮できなくなってくるだろうと思う。

全ての人の命と、全ての人の命のために尽力される方のご活躍を祈るばかりです。
どうか、できるだけ多くの人が無事で、数多くの自然災害を乗り越えた強い日本の姿が未来にありますように。
God bless you.
 
 

なるたる


なるたる(11) (アフタヌーンKC)なるたる(11) (アフタヌーンKC)
(2003/07/23)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

※ネタばれあります。

■初めて、大人買いをした。
■虚無へ収斂する破壊と混沌へ拡散する創造。世界の破壊と創造。
■全てが心地良い。命はいくらでも代わりがあるから命たりえる。
■シイナが貝塚ひろ子をほし丸で間接的に殺す、貝塚ひろ子がいじめっ子を殺す、佐倉がナイフで父を殺す、直角が銃で少年を殺す、小森が小野さんをプッシュダガーで殺す、小沢さんがアマポーラで、文吾がハイヌウェレで自衛隊員を殺す、宮子が、ジェーンが、鶴丸が、涅さんが・・・そして、地球の脳神経器官となるべき二人を除いて、全て次の世界のために死ぬ。
■どの死も、理不尽ながら、命が命足りうる条件を備えていると思う。でも、小骨がささったような違和感がある。古賀のり夫。彼の死だけは許せない。のり夫だけが、解体され、球体間接人形の頭になるという凄惨な死を遂げる。許せない、という感情が真っ先に浮かぶのは、本筋とは関係ないヤクザに解体され、殺されることだけが理由ではない気がする。
■自分の中で噛み合わない価値観が同時に登場することが気持ち悪い。人、死→人形、美。シイナが自分の名の本当の意味を知ったときの回想の数少ないシーンに一人、のり夫だけが、死体で登場する。のり夫は他の人とは全く違い、その美をひけらかすためだけに死んだのかと思うと
■とても、吐きそうだ。
Firewater